GLOSSARY

美容用語集

アーユルヴェーダ


読み:あーゆるゔぇーだ


インド大陸を発祥とする伝統的医療。

サンスクリット語の「aayus(生命)」「veda(知識、学問)」が合わさった言葉で「生命科学」という意味。中国医療、ユナニ医学(古代ギリシャ医学を基としたイスラム医学)と並ぶ世界三大伝統医学のひとつ。

治療だけでなく、生活全体にアプローチすることで身体の健康そのものへのアプローチを図る。特徴的なものに、「トリ・ドーシャ理論」と呼ばれるものが存在する。これは、人間の身体は「ヴァータ(風)」「ピッタ(火)」「カパ(土)」の三種類のドーシャ(生命エネルギー)で構成され、このバランスを保つことで健康になれるという考えである。

主に、瞑想、ヨガ、オイルマッサージ、呼吸法、食事療法を行うことで健康を保つ。

サロンのサイドメニューとして取り入れられていることがあり、アビヤンガ(オイルマッサージ)、シロダーラ(額にオイルを垂らす施術)、オイルを利用したトリートメントなどのメニューがある。



関連用語


    関連用語はありません。

▶関連記事一覧
戻る