隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説


ヘアピンの留め方のひとつ、隠しピンを知ってますか?


ピンの打ち方のひとつに「隠しピン」があります。
「隠しピン」とは、言葉のとおりヘアピンを髪の毛の中に入れ込んで、外側から見えないように留める方法です。
上手く留められると、ピン1本でもある程度の毛量ならしっかり固定できます。
隠しピンのコツは、ピンを留める箇所にあります。
髪の毛をネジって、写真の人差し指でさしてるところにさせば、しっかり固定できます。
下の写真で、分かりやすく解説します。

プロ直伝!初心者でもわかる隠しピンのやり方

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説
① ピンを留めたいところの髪の毛を、下から上に向かってねじります。
② ピンを下から上に向かってさします。
③ 上までさしたら、ピンを反転させます。
④ ねじった芯(髪が密集している部分)にピンの向きを整えます。
⑤ 芯に向かってピンをさします。
⑥ これで、隠しピンの完成です。ピン1本でしっかり固定できます。

ねじった芯にピンをさすのが、隠しピンを留めるポイント!

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説
ピンは髪の毛がいちばん密集してる場所にさします。
写真の位置をイメージしてピンをさしてください。
毛量が多いときは、同じようにピンを複数さして固定します。逆に毛量が少ない時には、スモールピンなどに変えることで髪質に合わせれます。
隠しピンをマスターして、ヘアアレンジをさらに極めてくださいね。

美容師/河村タカシ(TAXI)

提供元:

Keyword:

このヘアアレンジを紹介したサロン


サロンの情報がありません。

PICKUP ARRANGE


 

関連記事

 

RECCOMEND

CHARISMA SALON

もっと見る

 

HAIR ARRANGE

Thumbnail for 23883
【子供向けヘア】大きなリボンを付けてるみたい!キュートなリボン風ヘアアレンジ

かわいくてインパクトもあって、人気のリボンヘア。でも、実際に作ろうとすると、やっぱり難しいですよね。そこで今回は、簡単に作れるリボン風アレンジを紹介します。キレイに作るのが大変な輪っか部分を、作らなくても大丈夫なアレンジです!!ルーズに崩して作るので、これなら簡単ですよ。

Thumbnail for 23880
シンプルなナチュラルコーデには、あえての編み込みハーフアップアレンジが正解☆

ナチュラルメイクが好きだけれど、アレンジなしのそのままのヘアスタイルだと、ナチュラルというよりも野暮ったく見えてしまう。そんなお悩みを抱えている方にオススメのナチュかわアレンジを今回ご紹介します!編み込みで作るこのスタイルは、適度に手が込んで見えるので野暮っぽく見えません。

Thumbnail for 23877
ピン不要のヘアアレンジ! シンプルなフィッシュボーンアレンジ

アレンジをしたいけど、どーしていいか分からない。ピンとかいろいろ準備するのが面倒。
そんな方にオススメ! ヘアアイロンでランダムに型を付けてあとはゴム1つあれば大丈夫♪ 見た目はすごく凝った作りに見えるけど実は簡単なフィッシュボーンアレンジをご紹介します♪

もっと見る

 

CHANNEL

facebook3 twitter3 youtube3