ヘアゴムで結ぶだけだから、見た目ほど難しくない!

今回ご紹介するのは、ヘアゴムだけでできるダンサー風ヘアアレンジです。
一束ずつしっかりと結んでいるので、激しく動き回っても崩れにくいです。
ダンスイベントはもちろん、体育祭や文化祭でも使えますね。

お家でできる、ダンサー風ヘアアレンジの作り方

① 顔周りの髪を5等分して結んでいきます。
まず、耳上の髪をひと束分け取り、やや後ろに向かって結びます。

② ①の毛束の上の髪も同じくらいの量を分け取って、結びます。

③ 反対サイドトップの髪も同様に結び、計5か所結びます。

④ 結んだ毛束は邪魔にならないようにダッカールでまとめておきます。
ここから、2段目の毛束を順々に結んでいくのですが、①~③で結んだ毛束の間の髪を取り、結び目が互い違いになるようにします。

⑤ 仮留めを外して、上の2つの毛束から半分ずつ取って、④の毛束と一緒に結びます。

⑥ 同様にして、2段目の毛束を結びます。毛量にもよりますが、2段目は6つほど毛束ができます。

⑦ 同様に結んでいき、3段目、4段目を作ります。

⑧ 毛先を三つ編みにします。

⑨ 三つ編みにした毛束をまとめ、等間隔で結んだら完成!

コーンロウや編み込みスタイルよりも挑戦しやすいヘアアレンジ

ダンサーのヘアスタイルと言えば、コーンロウや編み込みスタイルが定番ですが、ゴムで結んでいくだけなのでコーンロウや編み込みスタイルにするより、ずっと簡単♪
髪の取る幅を細かくしたり片方のサイドだけにしたりすると、よりダンサーっぽくなるのでオススメ。
ショートやミディアムの長さでもできますので、ぜひ挑戦してみてください。

美容師/小林和朗(Hair Design stylee)

提供元:

Keyword:

このヘアアレンジを紹介したサロン


PICKUP ARRANGE


 

関連記事

 

RECCOMEND

CHARISMA SALON

もっと見る

 

HAIR ARRANGE

Thumbnail for 23601
New
悩み解決!伸ばしかけの髪でもカワイイ簡単でオシャレなハーフアップアレンジ

伸ばしかけの髪って、我慢できずに思わず切ってしまう人も多いのではないでしょうか?心理的要因は、主に、1. 肩に当たってはねてまとまりづらくなってしまうこと。2. ヘアスタイルに変化がなくて、飽きてしまうこと。その悩みを解決する良い方法は、ヘアアレンジでイメージチェンジすること!中でも簡単にできるハーフアップがオススメ

Thumbnail for 23598
ゆるくラフに!!くるくるお団子ヘアアレンジがおしゃれで簡単に作れてラクチン♪

アイロンが無くてもOK! ゴム2つ、ピン4本だけでできるアレンジです。
しっかりお団子が良ければ、きつめにぎゅっとコンパクトに! ラフな感じが好きなら、巻きつけた髪を引っ張り出してルーズにボリュームUP!
お団子の大きさによって印象も変わるので、いろいろとアレンジができると思いますよ!

Thumbnail for 23595
ヘアアレンジのレパートリーが増える! フィッシュボーンの編み方とそのポイント

雑誌やWebサイトで紹介されているヘアアレンジを見てみると、いろんな編み方が使われていますよね?でも、実際にはどんな編み方なのかわからない方も多いんじゃないでしょうか?そこでこのコラムでは何回かに渡って、ヘアアレンジに使われる髪の編み方をご紹介しています。今回ご紹介するのは「フィッシュボーン」。

もっと見る

 

CHANNEL

facebook3 twitter3 youtube3