ヨーロッパのクラシカルな雰囲気をイメージしたアレンジです

このアレンジは、ヨーロッパのクラシカルな雰囲気をイメージしました。
髪全体を波ウェーブに巻いているので、スタイルにメリハリがついて立体的に見えます。
ちょっとしたホームパーティー、結婚式の二次会、カジュアルスタイルからドレスアップスタイルまで、幅広く使い分けができます。

四つ編みを編んでくるっと丸めれば完成のアレンジレシピ

① ベースは髪全体をコテなどで波ウェーブに巻きます。次に、片側に髪を集めて四つ編みにします。コーミング(コームで髪をとかすこと)はあまりきっちりせず、手ぐしでラフにといてください。

四つ編みのやり方
1. 髪を4本に分けてください。
2. 4本に分けたうち、右から2番目の髪を上を通って右外へ、右から3番目の髪を下を通って左外へもっていきます。
3. 一番左にもってきた2番目の毛束を、右隣の毛束から上、下、上を通って一番右に持っていくように編んでいきます。
(1~3を繰り返す)

② 編み込んだ毛束を襟足に沿わせ、右サイドにもっていきます。

編み込みアメピンでピニング(ピン留め)して一度固定します。

④ 編み込まれていない毛先部分を、内側の編み込み部分に向かって丸めます。毛先を丸めたら先ほど一度固定したピンを外し、今度は毛先部分をアメピンでピニングし固定します。

⑤ 毛束を引き出して立体感を作ります。波ウェーブにした表面の毛束を、バランスを見ながら全体的に引き出してください。

⑥ 編み込み部分の毛束もゆるくほぐします。シニヨンを作るように、バランスを取って髪を引き出してください。全体に波ウェーブのリッジ感(立体感)、編み込み部分のボリュームのあるラフ感が演出できれば完成です。

四つ編みなので左右表裏に凹凸が出て、より立体的なスタイルに

左右表裏に凹凸を出してくれる四つ編みが、普通の編み込みより立体的なスタイルにしてくれます。
四つ編み部分をロープ編み三つ編みフィッシュボーンなどに変えるだけで、また違った質感にできるバリエーション展開に長けたアレンジです。
そのままのスタイルでもかわいいのですが、ポイントにバレッタ、カラーピンなどでアクセントを付けると、パーティにピッタリなクラシカルなスタイルになるのでぜひお試しください♪

美容師/亀井康仙(INNOSENSE)

提供元:

Keyword:

このヘアアレンジを紹介したサロン


PICKUP ARRANGE


 

関連記事

 

RECCOMEND

CHARISMA SALON

もっと見る

 

HAIR ARRANGE

Thumbnail for 23601
New
悩み解決!伸ばしかけの髪でもカワイイ簡単でオシャレなハーフアップアレンジ

伸ばしかけの髪って、我慢できずに思わず切ってしまう人も多いのではないでしょうか?心理的要因は、主に、1. 肩に当たってはねてまとまりづらくなってしまうこと。2. ヘアスタイルに変化がなくて、飽きてしまうこと。その悩みを解決する良い方法は、ヘアアレンジでイメージチェンジすること!中でも簡単にできるハーフアップがオススメ

Thumbnail for 23598
ゆるくラフに!!くるくるお団子ヘアアレンジがおしゃれで簡単に作れてラクチン♪

アイロンが無くてもOK! ゴム2つ、ピン4本だけでできるアレンジです。
しっかりお団子が良ければ、きつめにぎゅっとコンパクトに! ラフな感じが好きなら、巻きつけた髪を引っ張り出してルーズにボリュームUP!
お団子の大きさによって印象も変わるので、いろいろとアレンジができると思いますよ!

Thumbnail for 23595
ヘアアレンジのレパートリーが増える! フィッシュボーンの編み方とそのポイント

雑誌やWebサイトで紹介されているヘアアレンジを見てみると、いろんな編み方が使われていますよね?でも、実際にはどんな編み方なのかわからない方も多いんじゃないでしょうか?そこでこのコラムでは何回かに渡って、ヘアアレンジに使われる髪の編み方をご紹介しています。今回ご紹介するのは「フィッシュボーン」。

もっと見る

 

CHANNEL

facebook3 twitter3 youtube3