フィッシュボーンは簡単だけど使いにくい? そんな声もありますが……

フィッシュボーンとは、2つに分けた髪の毛の両端を交互に編み合わせていく編み方のこと。簡単にできるフィッシュボーンはヘアアレンジ初心者の強い味方だと思います。

でも実際にやってみると、編み込んだ見た目のクセが強く、ほかのデザインやコーデと合わせにくく感じてしまうことも多いよう……。
今回はそんなフィッシュボーンをおしゃれに楽しむコツを解説します。

デザインやコーデに合わせやすいフィッシュボーンとは?

上の画像を見てみてください。左側が修正前、右側が今回のお手本です。
どちらもフィッシュボーンで、編み手順は全く一緒です。

左側のフィッシュボーンは、雑誌やサイトなどでよくみる形ではないでしょうか?
フィッシュボーンであることに間違いはないのですが、シルエットにメリハリがなくて細かい編み目は伝統工芸品の様な感じです。確かに、普段のコーデに合わせるとなると、少し難しい感じがしますね。

ではこれを踏まえて、右側を見てください。
ゆるふわなエアリー感のあるシルエットにすることで、今っぽい雰囲気に仕上がります。今回は、このように修正していきましょう。

きれいシルエットのゆるふわフィッシュボーンのポイント

1. サイドの毛束を引き締めるように意識して編み、毛流れに引き締まりを生み出します。
そして編むときはザックリと。顔周りの髪は、似合わせにも影響するので注意してください。

2. 編むたびに左右に引いて締めます。これも美シルエットのため。

3. ここから先はアクセントに毛先まで編み込まず、くるりんぱで変化をつけます。

4. 最後は、両サイドを編みはじめ部分に集めてピン留め。毛流れにキュッとくびれができてキレイです。

何か一つ取り入れるだけでも印象が変わるのでお試しください。

美容師/福原慶之(intim hair)

提供元:

Keyword:

このヘアアレンジを紹介したサロン


サロンの情報がありません。

PICKUP ARRANGE


 

関連記事

 

RECCOMEND

CHARISMA SALON

もっと見る

 

HAIR ARRANGE

Thumbnail for 23915
もう伸びかけ前髪に悩まされない!いろいろ使える馴染ませ編み込み

今日はイメチェンしたい気分!でも、できれば髪を切りたくない…。そこで長さが変わらず効果的に印象を変えてくれるポイントがあります。そう!前髪ですね。女性らしい魅力あふれるかき上げバングに憧れる方も多いと思います。ただ、そこに至るまでの苦労も多いですよね。そういった苦労の解決策として提案するのがこの前髪編み込みです。

Thumbnail for 23911
ちょっと変わったヘアアレンジ!ウォーターフォール(捨て編み込み)の編み方を解説

今回紹介するのは、滝が流れているように見えることから”ウォーターフォール”と呼ばれているアレンジです。また、トップからすくった毛束を下へ捨てて作っていくので、”捨て編み込み”とも言います。
通常の表編み込みと同じ、3つの毛束を編むことで作れるウォーターフォール。

Thumbnail for 23908
ボブヘアでもできるヘアアレンジ!初心者でも超簡単なハーフアップスタイル!!

今回のハーフアップスタイルは、ボブ~ロングまで幅広い長さで作ることができます!くるりんぱができるくらいトップの長さがあれば、ショートスタイルでもできますよ。どの長さでもできるので、マスターすればあなたの定番のスタイルになること間違いなし!!くるりんぱしてサイドをロープ編みにするだけなので、手順も簡単☆

もっと見る

 

CHANNEL

facebook3 twitter3 youtube3